ホーム > 助成金情報 > 子供の未来応援基金 第2回未来応援ネットワーク事業

   
子供の未来応援基金 第2回未来応援ネットワーク事業
最終更新日:平成29年10月12日 訪問者数:12名

助成団体
独立行政法人福祉医療機構 NPOリソースセンター
分野
子どもの健全育成 
趣旨
 明日の日本を支えていくのは今を生きる子どもたち。その子どもたちが自分の可能性を信じて前向きに挑戦し、未来を切り拓いていける社会にすることが必要です。しかし、生まれ育った環境によって、教育の機会が得られずに将来の可能性が閉ざされてしまう子どもたちや、健やかな成長を育むための衣食住が十分確保されていない子どもたちがいます。
 貧困の連鎖によって、子どもたちの無限の可能性の芽を摘むようなことは決してあってはなりません。
 子どもの貧困の放置により、子どもたちの将来が閉ざされてしまうだけでなく、社会的損失につながるとの考えを前提に、子どもの貧困対策を「慈善事業」にとどまらず、「未来への投資」と位置づけ、寄付金をはじめとする企業や個人等からの提供リソースを「子供の未来応援基金」として結集しました。
 貧困の状況にある子ども等に寄り添って草の根で支援を行っているNPO等に対して支援を行い、社会全体で子どもの貧困対策を進める環境を整備することを目的に、「未来応援ネットワーク事業」を実施します。
内容
◇応募資格(支援対象)
社会福祉の振興に寄与する事業を行う、営利を目的としない次の法人又は団体
ア 公益法人(公益社団法人又は公益財団法人)
イ NPO法人(特定非営利活動法人)
ウ 一般法人(一般社団法人又は一般財団法人)
エ その他ボランティア団体、町内会など非営利かつ公益に資する活動を行う法人又は任意団体

◇支援内容
応募する法人等が自ら主催する事業であり、次のアからキまでに該当する子供の貧困対策のための事業が対象。
ア 様々な学びを支援する事業
イ 居場所の提供・相談支援を行う事業
ウ 衣食住など生活の支援を行う事業
エ 児童養護施設等の退所者を支援する事業
オ 児童又はその保護者の就労を支援する事業
カ 里親又は特別養子縁組の斡旋を実施又は支援する事業
キ その他、貧困の連鎖の解消につながる事業


◇助成期間
2018年4月1日ー2019年3月31日
(2018年度中に着手し、6か月以上継続し、かつ2019年3月31日までに完了するものに限る)

◇支援金額
上限500万円
(基金の総額の範囲内において、当該支援事業に必要と認められる額を、500万円を上限として交付)

※詳細は要項をご覧ください。
募集締切日
平成29年11月10日 2017年10月10日(火)ー11月10日(金)17:00メール必着
申請・問合せ
子供の未来応援基金 未来応援ネットワーク事業 事務局
独立行政法人福祉医療機構 NPOリソースセンター
電話 03-3438-4756 月曜〜金曜 AM9:00〜PM5:00(祝祭日除く)
(なお、つながりにくい場合は03-3438-9942におかけください。)
〒105-8486 東京都港区虎ノ門4丁目3番13号 ヒューリック神谷町ビル9階
独立行政法人福祉医療機構 NPOリソースセンター
リンク
http://hp.wam.go.jp/guide/jyosei/miraiouen/tabid/2620/Default.aspx

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readeをダウンロード(無料)してください

  

Copyright(C)Toride City. all right reserved.