ホーム > 活動紹介情報 > 2018年2月のがんサロンの様子

がんサロンとりで




   
2018年2月のがんサロンの様子
最終更新日:平成30年2月27日 訪問者数:188名


2月8日のがんサロンは、参加者がスタッフのみの4人でした。気心の知れた仲間同士なので話題の内容や聴き方に配慮することも無く、あちらこちらに飛ぶ話題に思いのたけを交換できました。その一方で、やはり寂しさは禁じえませんでした。仲間の近況なども共有し、これからそれぞれがたどる生き方への思いを語り合う中に「かけがえのないもの」が見えてきたようにも感じました。

2月22日の勉強会は、「ピアカウンセラーとは」というテーマで意見交換や情報を学び合う予定でしたが、これもまたスッタフのみの参加で準備してくれた担当者に対しては申し訳ない様子になりました。このテーマについては後日改めて設定していきたいと考えています。

スッタフの中には現在治療中の人もいるため毎回の参加が出来るとは限りません。また、常勤で仕事をしながらの人もいてやりくりしながらの協力体制となります。可能な人が可能な分だけ協力し合ってこのサロンを維持していくことが出来るのが理想なのですが、参加者同士が関わり合うことの中に学び合うと言うことをより良く発展させていくためにはもう少し「癌に出会って心を痛めている方」や「癌に出会って得られたことを伝えてくださる方」の参加が待たれます。

沢山話題が飛び交った先にたどり着いたのは、
「この場所がずっとここにあるよ」
と言う約束だけは守っていきましょう」ということでした。


  

Copyright(C)Toride City. all right reserved.