ホーム > 助成金情報 > 緑化を伴うヒートアイランド対策に関する助成事業

   
緑化を伴うヒートアイランド対策に関する助成事業
最終更新日:平成31年2月15日 訪問者数:17名

助成団体
(公財)高原環境振興財団
分野
まちづくり 環境 
趣旨
自然環境(緑・水・大気)の破壊が急速に進んでいる現代、環境の悪化防止と再生を目指して緑化を推進することにより、ヒートアイランド対策の一環となることを目的とする。
内容
○ 事業内容

(1) 助成対象者
助成対象者は、日本国内に所在する法人、地域活動団体。

(2) 助成対象事業
申請者が、_鮎紂↓建物の外壁面、C鷦崗譟↓ざ地、ゥ廛薀鵐拭偲で行う新たな緑化事業で、樹木、芝、多年草等を植栽するもの。
事業は2019年7月1日から2020年3月15日までの間に実施・完了するものであること。ただし、播種、育苗等の緑化準備については、2019年4月1日以降に開始することを妨げない。
事業用地は、申請者が所有または管理する土地、あるいは所有者との間で使用の合意が得られている土地であること。
事業に対し同様の助成を他から受けていないこと、あるいは受ける予定がないこと。

(3) 助成対象地・施設

事業地が、日本国内の都市部またはその周辺地であること。
事業対象地および施設が法令、条例に違反していないこと。
屋上緑化においては、当該建築物の耐久性、安全性が確保できること。

(4) 助成対象規模
新たに緑化を行う面積の合計が、原則として30岼幣紊任△襪海函ただし、地植えをしないプランター等に係るものについては15岼幣紊任△襪海函

(5) 助成対象費用
新たな緑化を行うのに必要な、次の工事費用の合計額とする。植栽の維持管理費や事業実施に伴う運営費等は除く。

本工事費  植栽に必要な費用、植栽基盤に必要な費用、かん水設備の整備費用等
付帯工事費 施設整備に伴い設置する安全施設等、必要最小限度の付帯工事費用

(6) 維持管理
助成事業が完了した後も良好な維持管理を行い、少なくとも3年間は植栽の撤去、移植等を行わないこと。

(7) 表示板の設置
助成事業者は、事業地内の見やすい場所に「高原環境財団助成事業」により整備されたことを示す表示板を設置すること。
募集締切日
平成31年5月10日 
申請・問合せ
公益財団法人 高原環境財団

〒108-007 東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル11階

Tel:03-3449-8684

Fax:03-5420-3418

※Fax は、業務委託先 (株)ユービーエス宛

E-mail:mail@takahara-env.or.jp
リンク
http://www.takahara-env.or.jp/

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Acrobat Readeをダウンロード(無料)してください

  

Copyright(C)Toride City. all right reserved.