1. ホーム
  2. 新着情報>
  3. サービス情報>
  4. 「スライドでたどる児童文学の世界」からステキな本ができました

サービス情報

「スライドでたどる児童文学の世界」からステキな本ができました

【最終更新日】
令和2年11月5日
【訪問者数】
78名

世界の児童文学をめぐる旅

投稿団体
おはなし・こすずめの会
サービス内容

こすずめの会では、平成30年度に2回池田正孝先生をお招きして「スライドでたどる児童文学の世界」という講演会を実施しました。毎回50名を超す参加者で好評を博しました。今年3月に第3回を予定していたのですが、コロナの感染拡大防止のため中止しました。ピーターラビット、アンデルセン、を楽しみ、3月にはリンドグレーンを予定していましたが、いつ再開できるか全く予想がつきません。そんな中、池田先生のご本ができました。
『世界の児童文学をめぐる旅』池田正孝著、株式会社エクスナレッジ刊、定価1800円+税です。
私たちが実施した作品のほか、イギリスでは『ツバメ号とアマゾン号』『リンゴ畑のマーティン・ピピン』『クマのプーさん』『秘密の花園』『トムは真夜中の庭で』『不思議の国のアリス』『思い出のマーニー』『運命の騎士』など20点。北欧では『ニルスのふしぎな旅』、スイスの『ハイジ』フランスの『星の王子さま』など、名作として名高い児童文学の舞台が、美しい写真とともに紹介されています。まだ、作品の舞台を訪ねることが普通ではなかった40年以上も前から、文献と地図を頼りに、余暇を利用して現地に足を運び、撮りためてきた貴重な写真の中から、選りすぐって紹介してくださっています。

講演会に来てくださった方はもちろん、参加しそびれた方も、名作の舞台が今も保存されていること、地元の人たちに愛されていることに感動されることでしょう。現地の人との思いがけないふれあいなど、心温まるエピソードも魅力です。海外旅行もままならない今、ご自分へのご褒美として1冊いかがですか? 図書館でも借りられると思いますので、たずねてみてください。

Adobe Readerをダウンロードするページヘ移動します。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、左のボタンをクリックしてAdobe Readerをダウンロード(無料)してください。